薬の通販は高齢者に便利な存在になるのか?

平均寿命は長くなった物の、年を重ねるに従って、病気を幾つも抱えている方の割合が増えてしまうのが現状です。
60歳以上の方で病院へ通っていないという方は少ないのではないでしょうか。
ですが、郊外に住んでいる場合、近所に病院がなくて、わざわざ1時間以上かけて通院しているとなると、体力的にも交通費の面でも負担が大きいですよね。
歩いて足腰を鍛える事も必要ですが、ただでさえ不安のある病院へ行く時に体力を消耗していては、気持ち的にも疲れてしまうでしょう。

そんな時は、インターネットで薬を購入するという選択もあります。
お年寄りはパソコンなどの機械が苦手というイメージがありますが、通販の便利さを一度知れば案外簡単に使い方を覚えてしまうものです。
実際に地方に住んでいて買い物が難しいという高齢者の方が、通販に嵌ってしまうという事もあるようで、利用者は年々増えてきています。

業者にとっても良いお客様なので、高齢者の方でも使いやすいようなサイトを作り、多くの方に利用してもらおうという動きもあるくらいです。
通販サイトの中には医薬品を扱っているところもあるので、それを利用すれば病院へ出かける必要もなくなり、脚が不自由な方や病院まで通う体力がないお年寄りの方でも24時間いつでも薬を注文できます。

もちろんすべての薬物を購入できるわけではありませんが、病院で処方できるものや海外で販売されているジェネリックなど、ほとんどの薬がネットで簡単に購入できるでしょう。
とくにジェネリックは先発薬より低価格なので、健康保険適用外の治療費が高くなるケースでは、大変ありがたい存在です。
ジェネリックに替える事で薬代を1/10に抑えられる事もありますし、病院で医師に処方してもらわなくても購入できるため、診察代なども必要ありません。

ただし、医薬品は効果が強い分、副作用が現れてしまった時も強い症状に悩まされる可能性がありますし、薬の飲みあわせで思いがけない症状が現れる事もあります。
始めて使うお薬の場合は最初から通販で購入するのではなく、まずは病院で診察を受け、しばらく使って医師に経過を見てもらってから、自分だけで治療が可能だと判断した時に限り利用するようにしましょう。
また、通販を利用できるようになれば、医薬品だけでなく日常生活に必要な様々な物を購入できるようになります・・・薬の個人輸入(参考サイト)
お米や味噌やしょうゆなど、重たい物を買いに行くのは大変ですし、時間の無駄ですよね。

これらを配達してもらえれば、病院や買い物に行く時間や労力を他の事に使えるようになりますから、友人と遊びに行く機会も増やす事ができますし、それをきっかけに交友の幅を広げる事もできるかもしれません。

楽しい事が増えれば活発に活動するようになり、活発に活動するようになればそれだけ体力も付くでしょう。
それは健康にも繋がります。
郊外に暮らす高齢の両親がいる方は、ぜひこのような方法で医薬品などを購入する事ができると教えてあげて下さい。

Comments are closed.