医薬品を安全に使いましょう

先日受けた職場の健康診断の結果が返ってきました。
ここ数年、健康診断の血液検査で肝機能の数値が高めなので、肝臓に良い生活を心がけるように気をつけています。
でも、まったくお酒を飲まない生活はなかなか難しいもので、ついつい誘われると断れない弱い自分がいます。

また、問診でダイエットをすることも薦められたので運動することも必要なのですが、なかなか時間を作ることができずストレスがたまり悪循環に陥ってしまいそうです。
とりあえずは家でもできる筋トレと食生活の改善から初めてるのですが、食事の工夫って思ったより大変ですね。
impimp64友人からサプリメントや医薬品の力も借りるといいよ聞き、仕事の帰りに薬局に行ってみたんです。
肝臓に良さそうなものがいくつかありましたがどれも高くて、結局何も買わずに帰ってきました。
インターネットでもう少し安いものがないかと探してみると、薬局にあったものと同じものが、かなり安い値段で販売されており、これなら負担もあまりないかもと、早速購入することにしました。
まとめ買いなど工夫をすると送料が無料になるしお買い得ですね。
これは通販を利用する良いきっかけになったかもしれません。

少し前のことですが、医薬品をネット通販で販売することが禁止されたことに対して、一般消費者からさまざまな意見が出ていました。
薬局が開いている時間に買いに行けない人や、近くに大きな薬局がない地域、対面では買いづらいものを購入する場合に通販はとても便利なものです。
女性の場合は普段から通販を利用することも多く、医薬品をネットで購入することに抵抗が少ないかもしれません。
しかし、対面販売をしないことに対する不安が多いのも事実です。

なんでもネットで購入してしまい、副作用や飲み合わせの注意を怠ってしまった結果、症状が悪化するようなことも考えられます。
結局そのせいで病院を受診しなければならないようなら、本末転倒ですよね。
現在はネット販売が解禁になり、普通に買える状態ですが、いろいろ問題が起きるとまた禁止されてしまうかもしれず、そうなったときに困るのは利用者です。

そうならないためにも、説明欄にある「使用上の注意」や製薬会社のホームページなどの医薬品に関する情報を理解するようにしなければならないですし、少しでも不安を感じるようなときには、面倒でも医薬品の専門家である薬剤師さんにアドバイスしてもらったほうがいいのではないでしょうか。
お薬は使い方次第で良くもなり悪くもなるので、通販と実店舗の薬局を上手く使い分ける必要があると思います。

ダイエットに関してはなかなか効果で出にくいものですが、ダイエット器具もたくさん売られているようなので、インターネットで検索してみようと思います。
筋トレなどは効果が出だすとはまってしまう場合も多いと聞きますので、それまでは根気よく頑張ってみるつもりです。
そして次回の健康診断では、すべての数値が正常になることを目標に日々過ごしたいと思います。

Comments are closed.